ハッピースポーツ

毎日楽しくいろいろなスポーツ情報を発信してます。
(水泳・ヨット・野球・サッカー・ゴルフ・テニス・バレーボール・ラグビー・ウエイクボード・マラソン・相撲)

    毎日最新のスポーツ情報を皆様にお届けします。

    カテゴリ: ボクシング


    【画像・動画あり】『亀田和毅、3兄弟30戦目の世界戦で王座統一に失敗』


    亀田に代わった。 亀田三兄弟の三男で、亀田亀田は実兄、亀田姫月は実妹。実父は亀田史郎。 名前の由来は、父・史郎が三兄弟に「興大和(やまとをおこす)」の願いをこめて、三男には「」の文字を使って命名し、「とも(き)」と読ませている。 亀田
    42キロバイト (5,554 語) - 2019年7月13日 (土) 12:16



    WBCスーパーバンタム級暫定王者亀田和毅(28=協栄)がプロ33戦無敗の正規王者レイ・バルガス(28=メキシコ)に判定で敗れた。アマ時代に唯一敗れた因縁の相手に12年越しのリベンジはならなかった。

    リーチで大きく上回り、手数の多いバルガスに苦しんだ。最後まで懸命に前に出続けたが、有効打は少なく、決定打は奪えなかった。

    「ほんまに最高の相手」。12年間ずっと待ち望んでいた再戦だった。バルガスとはメキシコ修行中だった07年にアマチュアトーナメント大会の決勝で対戦。場所はメキシコシティの格闘技の聖地アレナ・メヒコ。ブーイングを浴びるアウェーの中、判定で敗れた。177センチの長身でリーチも上回る相手に「何も出来なかった」。この時の悔しさが、その後メキシコではい上がる燃料となった。

    33戦無敗のバルガスは、亀田にとって過去最強の相手。勝てばスターへの道が開け、負ければ後がない。覚悟を胸にこの一戦に備えてきた。3月からはゴルフ松山英樹、ボクシング長谷川穂積ら数々のトップアスリートを指導してきた秀島正芳トレーナー(37)にフィジカルコーチを依頼。弱かった腸腰筋を鍛えることでパンチの力強さはアップ。また、胸椎のしなりを高めることで拳1つ分ほど、リーチを伸ばせるようになった。また筋量はトレーニング前より1・2キロ増加。「相手からすれば前にサンドバッグがある感じだと思う。打ってもびくてもせんから」。強靱(きょうじん)な肉体とともに「これだけやったから負けない」と揺るがぬ自信も身につけた。12回で「どこかでつかまえられるはず」と攻めたが、力及ばなかった。




    <関連する画像>




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

    <ツイッターの反応>


    takahiro
    @takahiro_blog

    亀田和毅 因縁相手に判定負け https://t.co/fLxqwzqVCW

    2019-07-14 05:01:13

    (出典 @takahiro_blog)

    猫姫→ネコヒメ
    @2280253_1

    亀田和毅 因縁相手に判定負け https://t.co/28CxaZyPg8

    2019-07-14 05:00:51

    (出典 @2280253_1)



    【画像・動画あり】『村田諒太「この試合が最後になるかもと思っていた」背水覚悟でTKO王座奪還』


    村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。
    78キロバイト (10,519 語) - 2019年7月12日 (金) 14:26



     ダブル世界戦のメインイベントでWBA世界ミドル級タイトルマッチが開催され、同級4位で前王者の村田諒太(33)=帝拳=は、同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=に2回2分34秒TKO勝ちし、王座を奪還した。2回に左フックでダメージを与えて連打でダウンを奪うと、再開後に強打を重ねてレフェリーストップを呼び込んだ。

     9カ月ぶりにベルトを取り戻した村田は「早よ止めろと思った。バテたらどうしよう」と勝負を決めたストップの瞬間について振り返った。

     序盤から予想に反してブラントが積極的に打ち合いに応じてきた。「あんな出方をするとは思っていないかった。面食らった」と王者の戦略に驚きを隠さなかった。

     前回の試合ではブラントの手数の前に、ガードに徹する時間が長く、主導権を失った。同じことを繰り返すわけにはいかなかった。「前にいくしかない。この試合が最後になるかもしれないとも思っていた。絶対、後悔したくなかった」。今回は前に出てボディーを打ち、強打につなげた。そして334秒の執念の雪辱劇は完結した。




    <関連する画像>




    (出典 the-ans.jp)

    (出典 efight.jp)

    <ツイッターの反応>


    川上タカユキ
    @pianoman_TK

    村田諒太ァァァ〜!!!感動したぜ!!!✨✨#村田諒太選手 #世界タイトル奪還 #本当におめでとうございます

    2019-07-12 14:28:42

    (出典 @pianoman_TK)

    KENICHI SAWADA
    @ken1sawada

    村田諒太、カッコいいなぁ!漢だな!

    2019-07-12 14:28:41

    (出典 @ken1sawada)



    『日本史上初の快挙 井上尚弥が世界最強ランキング2位に昇格』


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。
    78キロバイト (10,692 語) - 2019年7月2日 (火) 09:58



    7月のアメリカボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」で、最新のパウンド・フォー・パウンドランキング(PFP)が発表され、WBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋ジム)が、2位に昇格した。

    3階級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を抜いて、ランクアップとなった。

    PFP(最強)ランキング

    PFPランキングとは、ボクシングの全階級の中で、最も強い選手をランキング形式で表したものだ。

    過去には、モハメド・アリやマイク・タイソン、マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザーなど、

    ボクシング界のレジェンドがトップに君臨している。

    今回発表されたランキングTOP5は、以下の選手だ。

    1位 テレンス・クロフォード(アメリカ)

    2位 井上尚弥(日本)

    3位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

    4位 サウル・アルバレス(メキシコ)

    5位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

    井上は、アジア勢で唯一のTOP5にランクインした。世界的にも、注目度と評価が高まっている。




    <関連する画像>




    (出典 boxmob.jp)

    (出典 box-p4p.com)

    <ツイッターの反応>


    よしなしっ!
    @moccos50

    井上尚弥PFP2位になってる...しゅごい...

    2019-07-04 03:12:04

    (出典 @moccos50)

    ハッスルハヤティ
    @hayato19690729

    井上尚弥、マジでスゴい!日本史上初の快挙 井上尚弥が世界最強ランキング2位に昇格(木村悠) - Y!ニュース https://t.co/zErt9bYayT

    2019-07-04 03:11:57

    (出典 @hayato19690729)



    『那須川VS亀田氏、3Rで勝敗つかず 亀田氏1000万円獲得ならず、那須川が優勢な展開に』


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。血液型B型。『神童』、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意の左ストレートは『ライトニング・レフト』の異名を持つ。RISE世界フェザー級王者。ISKA世界フェザー級王者。
    67キロバイト (9,197 語) - 2019年6月8日 (土) 13:51



    22日に都内で「AbemaTV3周年記念1000万円シリーズスペシャルマッチ」としてキックボクシングの那須川天心(20=TARGET/Cygames)と、ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)がAbemaTV特別ボクシングルールで対戦。3Rで勝敗つかず 亀田氏は那須川を倒すことが出来れば1000万円獲得だったが、実現出来なかった。




    <関連する画像>




    (出典 spread-sports.jp)

    <ツイッターの反応>


    みわあきひろ
    @omonnai_com

    【悲報】元プロボクサー・亀田興毅氏、那須川天心との対戦結果… https://t.co/PRP3Ox6DH0 https://t.co/AWopRvNut7

    2019-06-22 22:45:20

    (出典 @omonnai_com)

    こじこじ🎀ごンごン🎀
    @Koji__Koji

    そろそろ始まる那須川天心VS亀田興毅にしてたら寝らんだろって思ってiPadからテレビに飛ばしたまでは覚えてるからそのくらいで寝たんだろうなww

    2019-06-22 22:43:18

    (出典 @Koji__Koji)



    『亀田興毅が那須川天心をガン睨み!「亀田興毅は次元が違うから」、那須川は圧勝を予告』


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。血液型B型。『神童』、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意の左ストレートは『ライトニング・レフト』の異名を持つ。RISE世界フェザー級王者。ISKA世界フェザー級王者。
    67キロバイト (9,197 語) - 2019年6月8日 (土) 13:51



    2019年6月22日(土)『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』(AbemaTV)で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がプロボクシング世界三階級制覇・亀田興毅とAbemaボクシングルールで対戦する。

    【『亀田興毅が那須川天心をガン睨み!「亀田興毅は次元が違うから」、那須川は圧勝を予告』】の続きを読む

    このページのトップヘ